映画

200万年前に実在したとされる巨大ザメ「メガロドン」。
潜水技術の向上により、その扉を開けてしまったことから凶暴なサメが現代で大暴れする海洋パニックアクション。

 

 

 

 

1 映画情報

原題: MEG ザ・モンスター
出演: ジェイソン・ステイサム
リー・ビンビン
レイン・ウィルソン
ルビー・ローズ
ウィンストン・チャオ
クリフ・カーティス ほか
公開日: 2018年9月7日
上映時間: 113分
監督: ジョン・タートルトーブ
配給: ワーナー・ブラザース・ピクチャーズ
公式サイト: https://warnerbros.co.jp/movie/megthemonster/
主題歌: ______
原作: スティーヴ・アルトン「Meg: A Novel of Deep Terror」

2 予告

3 あらすじ

 

マリアナ海溝を超えて、さらに深海へと進んだ潜水艇の船体は、
得体のしれない衝撃を受けたことから、通信とその動きを絶たれてしまう。

海上のサポートメンバーたちは、乗組員たちを救うべく、
タイにいるジョナス・テイラーに、その救命を依頼する。

依頼を受けたジョナスは、5前に起きた事故がきっかけで、タイで隠遁生活を送っていた。
依頼をかたくなに断るジョナスだったが、その事故に、元妻が含まれていることを知り、現地へと救命に向かう。

タイムリミットが迫る中、急潜航をするジョナス。
現地へたどり着いたジョナスは、5年前同様、再び、外部からの攻撃を受けることになる。

4 感想

 

この映画の原作を、学生時代に読みました。
その当時から、映画化の話があり、随分楽しみにしていた記憶があります。

結局、その後、その話が実現されることもく、20年ぐらい経過してしまいました。
半年ほど前に、とうとうこの映画が公開されることを知り、
待ちわびていました。

さて、映画が始まって、気になっていたのは、中国の俳優さんの存在です。
エンディングロールにも、中国の人の名前がいっぱい。
別に、どこの国の人が作ってもいいのですが、原作には、それっぽさは、
全くなかったので、ちょっと驚きでした。

本当に、個人的な気持ちではありますが、海に囲まれている地域(別に日本が、とか言うつもりは全くないですが)、
ハワイとかグアム、オーストラリア、ニュージーランドっぽいイメージを持っていたので、
アメリカの映画でありつつ、アジアっぽい不思議な感覚を覚えました。

この映画を観に行く人って、やっぱり、驚かされることを期待していると思います。
そういう意味では、かなり期待に応えてくれると思います。

恐怖も過ぎると、笑えて来ます。
緊迫感の中でこみ上げてくる笑いを感じてください。

5 メモ

 

 

ちなみに、2007年発売のハードカバーは、

 

テレビドラマ
沖縄が舞台の映画、ドラマのDVDを蔵出し

夏に向けて、沖縄の話題が多くなりますが、 そういえば、最近は沖縄が舞台となる作品が少なくなったような …

日本
映画『億男』

目次 1 映画情報 2 予告 3 あらすじ 4 感想 5 メモ     1 映画 …

日本
映画『くじらのまち』

目次 1 映画情報 2 予告 3 あらすじ 4 感想 5 メモ   1 映画情報 2 予告 …