映画『四月は君の嘘』そして、一つだけ嘘をつきました

映画

それは、最も切ない嘘でした。
広瀬すず、山﨑賢人のダブル主演でお贈りする切なすぎる青春(若干恋愛)ストーリー。
9月公開なのに、四月は君の嘘。この映画、泣けます。

 

1 映画情報

原題:   四月は君の嘘
出演:   広瀬すず、山﨑賢人、石井杏奈、中川大志、板谷由夏、檀れい ほか
公開日:   2016年9月10日
上映時間: 122分
監督:   新城毅彦
配給:   東宝

2 予告

 


3 あらすじ

 

かつて、天才ピアニストと呼ばれた有馬公生は、母親の死をきっかけに、ピアノを弾くことを辞めてしまった。
ピアノから離れ、普通の高校生活を送っていた公生と、その友人の元に、宮園かをりが現れる。

かをりは、事あるごとに、公生と変わろうとし、公生も次第に、彼女のペースに乗せられ、
再び、ピアノに向かうことになる。

4 感想

 

漫画との比較で、期待通りでなかったという意見も見受けられますが、
幸いにして、私は漫画を見ていないので、なんの先入観もなく、鑑賞することができました。

この映画は、映画館で1度観て、Blu-rayで再度、観ました。
私の中では、何度となく観られる1本となりました。

1回目に観た時の感想は 、病名も分からないままヒロインが亡くなってしまい、
そのことが、すごく気になっていましたが、
2回目は、その表現が無くてよかったのかも、と、感じました。

個人の気持ちのあり様によって、感想なんて変わってしまうものですね。

この映画のタイトルには「嘘」という表現があり、ヒロインがついた嘘にスポットが当たりそうですが、嘘そのものには、タイトルで表現するほどの重みは無く、それよりもヒロインが思い続けた過去のことが、手紙で語られることの方が、意味が強いように感じました。

客観的に見ると、もっと違った表現(これは映画としての表現ではなく、登場人物の言葉のやり取り)ができたのではないか、いや、もっとハッピーな感じにならなかったのか!、
なんて思ってしまう時点で、すでに、引き込まれている証拠ですよね。
そんなことを考えてしまうほど、切ないです。

こう感じさせるのは、ヒロインの一途さでしょうか。

現実の世界においても、素直になれないこと、後になって後悔することありますよね。

そんなことを思い出させてくれる映画です。

満足度(83%)
日本
映画『ラフ ROUGH』

目次 1 映画情報 2 予告 3 あらすじ 4 感想 5 メモ           &nb …

日本
映画『新解釈・三國志』

豪華なキャスト、壮大な世界観、そして、迫りくる笑い。 目次 1 映画情報 2 予告 3 あらすじ 4 …

マイスターテスト(クイズ)
映画『一度死んでみた』

「生き返れ!クソオヤジ!!」 <2日間だけ死んじゃう薬>をめぐり、大騒動が巻き起こる! …