映画『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』

日本

タイムマシンはドラム式・・・。
タイムスリップ・ラブコメディ。

 

 

 

 

1 映画情報

原題: バブルへGO!! タイムマシンはドラム式
出演: 阿部寛
広末涼子
吹石一恵
伊藤裕子
劇団ひとり
小木茂光
伊武雅刀
薬師丸ひろ子 ほか
公開日: 2007年2月10日
上映時間: 116分
監督: 馬場康夫
配給: 東宝
公式サイト: ______
主題歌: 加藤ミリヤ「Eyes on you」
原作: ホイチョイ・プロダクションズ

 

 

2 予告

 

 

3 あらすじ

 

葬式会場に、男がやってくる。
その男は電話をかけて一言、「計画を終わらせるな」といった。

 

キャバクラで働く真弓は、男に借金を押し付けられ、借金取りに追われる毎日。

ある日、アパートに戻ると男が立っていた。
その男は、母親の真理子の古くからの友人だと言う。

男は真弓に、母親の真理子は死んでいないという。
真理子は、「ある計画を終わらせるため」に死んだことになっていると告げられる。

男は下川路といい、真弓に17年前の新聞記事をみせる。
そこには、1週間前にみた母親の姿が・・・。

翌日、名刺にあった財務省を訪ねると下川路が待っていた。

下川路は、何も言わず、地下の一室へと案内する。
その部屋には、日本経済の崩壊までに、713日と13時間と掲げられていた。

真弓は、プロジェクトメンバーの菅井から日本が借金で、破滅すると聞かされる。

 

 

 

4 感想

 

下川路が真顔で語る。
エジソンは、何故、蓄音機を開発したか?
それは、遺言を残すため。
それが、巨大な音楽産業を生み出す機械だと気づかずに。

で、母親が開発したのは、洗濯機型のタイムマシン・・・。

水流の研究をするために、洗濯機の改造をしていて、
Tシャツ洗ってたら、タイムマシンができちゃった。

荒唐無稽な設定を、あたかも説得力がある感じで話を進めるところが笑えます。

母親を追って、17年前にタイムスリップし、ドタバタ劇が繰り広げられます。
一瞬、真面目になりそうな瞬間がありつつも、
やはり、そのままにはならない。

エンディングかと思いきや、もう一ひねりあって、
楽しめます。

スーパーカブって、飛ぶのね・・・。

そして、最近あまりメディアに出えされなくなった
吹石一恵さんのボディコンが凄いです。

さすが、ホイチョイムービー。

エンディングは、映画「ファイナル・カウントダウン」とか、
テレビドラマ「NASA ~未来から落ちてきた男~」を真似してる感がありましたね。

 

 

 

5 メモ

劇中で流れた曲です。

Kool & the Gang 「CHERISH」
M.C. Hammer 「U Can’t Touch This」
C+C Music Factory 「Gonna Make You Sweat」
Boys Town Gang 「Can’t Take My Eyes Off You」
Lisa Stansfield 「All Around the World」
Princess Princess 「Diamonds」
リンドバーグ 「今すぐKiss Me」
鷲尾いさ子&鉄骨娘 「鉄骨娘」

 

DVDには、エンディングの下川路と真弓のやり取りの別バージョンが収録されています。
個人的には、劇場版が良かったですけどね。

※DVDは、販売終了しているみたいです。

 

アニメ
映画『Coo 遠い海から来たクー』

目次 1 映画情報 2 予告 3 あらすじ 4 感想 5 メモ     1 映画 …

テレビドラマ
沖縄が舞台の映画、ドラマのDVDを蔵出し

夏に向けて、沖縄の話題が多くなりますが、 そういえば、最近は沖縄が舞台となる作品が少なくなったような …

日本
映画『億男』

目次 1 映画情報 2 予告 3 あらすじ 4 感想 5 メモ     1 映画 …