日本

 

 

 

 

1 映画情報

原題: Love Letter
出演: 中山美穂
豊川悦司
范文雀
篠原勝之
鈴木慶一
田口トモロヲ
酒井美紀
柏原崇
加賀まりこ
鈴木蘭々 ほか
公開日: 1995年3月25日
上映時間: 117分
監督: 岩井俊二
配給: 日本ヘラルド映画
公式サイト: ______
主題歌: ______
原作: ______

2 予告

 

 

3 あらすじ

 

神戸に住む渡辺博子は、亡くなった藤井樹の3回忌で訪れた彼の家で、
彼の母親から卒業アルバムを見せてもらう。

昔、彼が住んでいた小樽の住所は道路になっていて、既に無いという。
博子は、卒業アルバムで見つけた小樽の住所に、
天国の彼に向けて届くはずのない手紙を出す。

一方、小樽に住む藤井樹という女性のもとに、渡辺博子から手紙が届く。
「拝啓、藤井樹様、お元気ですか?私は元気です。」

藤井樹は、渡辺博子が誰なのかを思い出せなかったが、
その手紙に返信したことから、不思議な文通が始まる。

 

 

4 感想

 

山を下り、ふもとの町まで降りていく女性。
多くを語らず、物静かなで抒情的な映像が展開していきます。

一つ一つのシーンに、意味があるのではないかと、
頭を働かせ続けることになります。

渡辺博子にとって、返ってくるはずのない手紙が返ってくることで、
天国の藤井樹とつながっていると感じていた彼女と、
亡くなった樹を忘れることができない博子に思いを寄せる男との
その温度感にリアリティを感じます。

ストーリーは、前半は、“藤井樹”探しで、
後半は、学生時代の記憶探しです。

終盤では、どの登場人物も、亡くなった人たちを思い出すシーン
が繰り広げられます。この部分は、何を表現しようとしているのかよく分からなかったのですが、
結局、Love Letterというタイトルは、最後の訪問者により、もたらされた“あの”ことなんでしょうか。

 

重ねて起こるできごとから、意味の深い映画かと思えてきますが、
冷静に考えると、最後は、主人公が入れ替わってしまった変な感覚を感じました。

 

学生時代を演じている酒井美紀さん。
「白線流し」を思い出しました。

今回、20年近く前のDVDを見返しましたが、
再生中、答案用紙の裏の落書きのシーンで、再生が少し止まるような・・・。
これって、もともと作品がそうなっているのか、ディスクの劣化なのか。

 

 

5 メモ

 

2019年に、岩井俊二さんが監督する作品で「Last Letter」が
公開されるそうです。

主演は、松たか子さん。
岩井俊二監督と松たか子さんは、「四月物語」という作品を作りました。

「Last Letter」は、発表されているキャストが、有名どころばかりです。
有名な俳優さんたちが集まることで、抒情的な雰囲気になるのでしょうか。
これまでの岩井俊二監督の作品からすると、どんな雰囲気になるのか、
想像がつかないですね。

そういえば、「スワロウテイル」も岩井俊二監督でしたね・・・。

 

マイスターテスト(クイズ)
映画『一度死んでみた』

「生き返れ!クソオヤジ!!」 <2日間だけ死んじゃう薬>をめぐり、大騒動が巻き起こる! …

日本
映画『香港大夜総会 タッチ&マギー』

目次 1 映画情報 2 予告 3 あらすじ 4 感想 5 メモ           &nb …

日本
映画『記憶屋 あなたを忘れない』

愛する人のために、あなたは何ができますか? 愛する人にとって、記憶を取り戻すことが幸せなのか、 忘れ …