日本

会いたくても会えない。
引き裂かれたふたりをドリカムの音楽が救う。
1990年代、会いに行けるアイドルなんていなかった時代。
それは、観月ありさがアイドルだった時のお話。

 

 

 

 

1 映画情報

原題: 7月7日、晴れ
出演: 観月ありさ
萩原聖人
田中律子
升毅
榊原利彦 ほか
公開日: 1996年5月11日
上映時間: 109分
監督: 本広克行
配給: 東宝
公式サイト: ______
主題歌: DREAMS COME TRUE
原作: ______

2 予告

掲載なし

 

3 あらすじ

 

自動車会社に勤める山部健太は、仲間とやってきたキャンプ場で、
ひとり釣りをしていると、その場には似つかわしくない恰好をした少女に声を掛けられる。

その少女は、何気ない話をしたのちに、「東京でデートしよう」と山部の手のひらに電話番号を
書いて去っていった。

東京に戻った山部は、街で掲げられた大きな看板を観て声を失う。
出逢った少女は、世界的に注目されるアーティスト・望月ひなた だった。

慌てて手を見る山部。電話番号は、既に消えていた・・・。

4 感想

 

七夕の織姫と彦星の物語になぞらえた(と思しき)、
住む世界の異なる男女のラブストーリーです。

 

ストーリーは、全く持って、シンプルです。

芸能人と一般人が、旅先で出会ったことから、その後の日常生活が大きく変化していきます。
周りの人々もその事実を知ることとなり、純粋なふたりを放って置いてはくれません。

ふたりは、惹かれ合っているのですが、彼らを取り囲む人々は、
応援する者、片想いを抑えきれなくなった者、利用しようとする者が現れます。

 

 

引き離されるふたり。

しかし、七夕とドリームズ・カム・トゥルーの力は絶大なのです。

ドリームズ・カム・トゥルーの音楽が流れて、ハッピーエンドにならない訳がありません。

 

 

久しぶりに観て気づいたのですが、
こんなにも・・・ドリームズ・カム・トゥルーの音楽が鳴っていたのかと。

「7月7日、晴れ」、「うれしい!たのしい!大好き」 、「SUKI」と、
20年経っても、テンションが上がります。

やっぱり、世の中浮かれてた時代だったんだなぁ。。。

5 メモ

 

観月ありさ さんは、最近のドラマでは、主婦や母親の役柄が多いですね。
この頃は、本当にアイドルっぽいアイドルでした。
最近は、音楽の仕事が少ないですね。

1990年代の観月ありさ さんの歌聞くと、ニヤケるわぁ~。

 

アニメ
映画『Coo 遠い海から来たクー』

目次 1 映画情報 2 予告 3 あらすじ 4 感想 5 メモ     1 映画 …

テレビドラマ
沖縄が舞台の映画、ドラマのDVDを蔵出し

夏に向けて、沖縄の話題が多くなりますが、 そういえば、最近は沖縄が舞台となる作品が少なくなったような …

日本
映画『億男』

目次 1 映画情報 2 予告 3 あらすじ 4 感想 5 メモ     1 映画 …