日本
1

満足度(80%)

泥棒が心のカギも開ける!?超!喜劇!!エンターテインメント!!!

 

 

 

1 映画情報
原題: 泥棒役者
出演: 丸山隆平
市村正親
石橋杏奈
ユースケ・サンタマリア
宮川大輔
高畑充希
片桐仁
峯村リエ ほか
公開日: 2017年11月18日
上映時間: 114分
監督: 西田征史
配給: ショウゲート
公式サイト: http://dorobou-yakusha.jp/
主題歌: 関ジャニ∞「応答セヨ」
原作:
2 予告

 

3 あらすじ

町工場で働く大貫はじめは、藤岡美沙と幸せな同棲生活を送っていた。
そんなある日、外でデートの待ち合わせをする約束をする。

当日、待ち合わせの場所で彼女を待っていると、大貫の過去を知る畠山が現れる。
畠山はお金に困っていて、泥棒に協力しないと、彼女の藤岡に過去のことを話すと脅す。
大貫はしぶしぶ豪邸に忍び込むことに。

 

4 感想

三谷幸喜さんの「ラヂオの時間」を想像して行ったら・・・違いましたね。
予告編動画からしても、初めについた嘘から話を広げて、最後はうまくまとまり、めでたしめでたし。
なんて結末を、勝手に想像していました。

こう思っている時点で、想像を外れると映画に対する評価って下がってしまうのですけど。。。

映画のストーリー展開は意外と早く、思った以上に早い時期に嘘がバレちゃいます。

先入観を持たず、観に行くのが本来、映画を楽しむ最大のコツかもしれません。

前半と後半ではストーリーの方向性が違います。
個人的には後半の内容(やりとり)が面白かったです。

奇想天外なストーリーという訳ではなく、登場人物達のやりとりが
気軽に楽しめる作品だと思います。

 

実のところ、私は映画を観に行く前に口コミサイトを見てしまいました。
これが、極端に評価が高かったんです。
流石にここまで点数が高いとハズレは無いと思っていたんですが、
過度の期待を持って観に行ってしまったので、想像していた内容とはかなり違っていましたね。

このサイトでも点数つけてますけど、もうちょっと考えないといけないですね(反省)

 

5 コメント

登場人物の中で一番まともな感覚を持ったキャストは高畑充希さんですね。
本作品では初めと、終わりあたりと、メインのストーリーでの登場は少ないです。

でも、主人公に寄り添う重要な役割です。

 

市村正親さん、ユースケ・サンタマリアさん、片桐仁さんは、個性的でしたね。
配役としても、十分個性的ですけど、若干、大人しめだった気がしないでもないです。

あと、宮川大輔さん。ちょっと、ひとりだけテンション違いません?
いい俳優さんなんでしょうけど、映画の中で唯一、とがり過ぎている気がしてならなかった。

 

日本
映画『ラフ ROUGH』

目次 1 映画情報 2 予告 3 あらすじ 4 感想 5 メモ           &nb …

日本
映画『新解釈・三國志』

豪華なキャスト、壮大な世界観、そして、迫りくる笑い。 目次 1 映画情報 2 予告 3 あらすじ 4 …

マイスターテスト(クイズ)
映画『一度死んでみた』

「生き返れ!クソオヤジ!!」 <2日間だけ死んじゃう薬>をめぐり、大騒動が巻き起こる! …