映画『怒り』あなたは殺人犯ですか?

映画

1 映画情報

原題: 怒り
出演: 渡辺謙
森山未來
松山ケンイチ
綾野剛
広瀬すず
ピエール瀧
三浦貴大
佐久本宝
高畑充希
原日出子
池脇千鶴
宮崎あおい
妻夫木聡 ほか
公開日: 2016年9月17日
上映時間: 142分
監督: 李相日
配給: 東宝
公式サイト: ―――――
主題歌: ―――――
原作: 吉田修一『怒り』

 

 

2 予告

 

掲載なし

 

 

3 あらすじ


住宅街で凄惨な殺人事件が発生した。捜査は難航し、犯人は捕まえることができない。

月日は経ち1年後、現場から離れた3つのの場所で、指名手配されている犯人と似た人物が。。。

関りをもった周囲の人たちは、信じたいと思いながらも、疑いを拭うことができない。
犯人に似た人物を軸に、人々の思いが交錯しながら、エンディングへと向かっていく。

 

 

4 感想

 

映画って、エンターテイメントだと思っていました。
この映画は、最後の結末を知っても、後味の悪さを残す作品でした。

純粋に楽しめる作品とは違い、終わった後も、何かが引っかかった感覚を残します。

単純に、ストーリーを楽しむとか、スリルを楽しむとか、なぞ解きを楽しむとか、
これまで感じた感覚ではない映画です。

私は、原作を読んではいません。

ストーリーの構成としては、同時進行で3つの人間関係が描かれていきます。
初めの頃は、これら3つの話がつながってくるのかと思っていました。
結局、そうならないのですが。

お客さんは、みんな犯人が誰なのかを考えながら、映画を観ることになると思います。

それぞれが抱える背景が、段々はっきりしてきて、犯人を知ることになりますが、
本当に、最後の最後で、ミスリードを誘うような演出があります。

ここが見せどころなのかと思っていると、最後は、後味の悪さを感じることになり、
監督が伝えたかったことが、これだったのかということを知ることになります。

映画として好む好まざるが分かれる作品ですが、
面白い作りだと感じました。

そういえば、タイトルも覚えていませんが、子供の頃に観た映画で、
バッドエンドな映画がありました。

田舎から出稼ぎに都会へ出て、里帰りする道中でいろいろな出来事がおこります。
苦労して戻った村には、家族はおらず、フィアンセも別の男性と結婚していた。。。
というところで、終わっちゃうんですね。
中東あたりの映画だったと思います。

人生、基本そんなもんだよね。

 

 

日本
映画『ラフ ROUGH』

目次 1 映画情報 2 予告 3 あらすじ 4 感想 5 メモ           &nb …

日本
映画『新解釈・三國志』

豪華なキャスト、壮大な世界観、そして、迫りくる笑い。 目次 1 映画情報 2 予告 3 あらすじ 4 …

マイスターテスト(クイズ)
映画『一度死んでみた』

「生き返れ!クソオヤジ!!」 <2日間だけ死んじゃう薬>をめぐり、大騒動が巻き起こる! …