映画『ラフ ROUGH』

日本

 

 
 

 
 

 

1 映画情報

原題: ラフ ROUGH
出演:

長澤まさみ
速水もこみち
阿部力
石田卓也
市川由衣
渡辺えり子 ほか

公開日: 2006年8月26日
上映時間: 106分
監督: 大谷健太郎
配給: 東宝
公式サイト: ______
主題歌: スキマスイッチ「ガラナ」
原作: あだち充『ラフ』
 

2 予告

 
 掲載なし

 

3 あらすじ

 
 
私立栄泉高校に通う大和圭介は、中学時代に100m自由形で3年連続で全国3位と伸び悩み、高校では平泳ぎに転向しようとしていた。
一方、二ノ宮亜美は、飛び込みの選手だったが、目立った成績を残せないでいた。

祖父が和菓子屋としてライバルだった二人は、同じ高校へと進む。
亜美は大和家のせいで祖父が亡くなったと思い込んでおり、圭介のことを嫌っていた。
しかし、高校生活を送る中でお互いの長所を知り、お互いに意識するようになる。

 
 

4 感想

 
 
漫画を原作とする映画やドラマが、原作ファンに受け入れられにくい印象がありますが、
特に、あだち充さんの「タッチ」や本「ラフ」は、その代表的な作品ではないでしょうか。

”思い入れ”、という人ごとに異なる感覚は、時にマイナス方向へ働きがちです。
本作品についても、内容としては原作の漫画12巻すべてを、2時間弱で網羅しようとしているため、
非常に説明不足な印象でした。

漫画を読んでいれば、展開は把握できているのですが、作り手がそこに期待するのは少し違うと思いました。

部分的にストーリーを切り出して映画化するのも、ちょっと違う気がしますが、
前編、後編の2回に分けるなどしていただきたかった印象です。
商業的な縛りで難しかったのかもしれませんが。

 

キャストについても賛否両論ありますが、
本作品の中では、渡辺えりさん演じる東海林茂子のキャラクターがあだち充作品でははまっていた印象です。
続いて、安藤なつさんが演じる田沼春子でしょうか。
当時は、お笑い芸人さんだとは知りませんでした。

個人的には、市川由衣さんがいいなぁ~と思っていましたが、
小柳かおりの印象とは違い、ちょっと優しい感じですね。
原作とは、部屋割りも違いますし、登場人物も若干異なります。
原作を忠実に再現すればいいという訳ではないでしょうが、変更した理由も想像がつきませんでした。

 

あだち充作品では、つかず離れずの微妙な関係性を望むファンは多いと思います。
この距離感は、やはり漫画ならではなのかもしれませんね。冷静に考えるとリアリティはない感じです。

また、先にも書きましたが、内容を省略しすぎて、作品の作りに粗さを感じて集中できず、
作品のダイジェストを見ているような感覚でした。

その反面、スキマスイッチのガラナははまっていて、長めのミュージックビデオみたいな感じでした。
ミュージックビデオにしては長すぎますが。

 
 

5 メモ

 
 
作品としての満足度は、ちょっと低めでしたが、その当時は映画を見て、さらにDVDを購入しました。
最近では再生できないDVDメディアも出てきているので、オンデマンドサービスで購入する機会も多くなっています。
そんなときに、久しぶりに見つけたので再視聴してみました。

  

 
 

日本
映画『新解釈・三國志』

豪華なキャスト、壮大な世界観、そして、迫りくる笑い。 目次 1 映画情報 2 予告 3 あらすじ 4 …

マイスターテスト(クイズ)
映画『一度死んでみた』

「生き返れ!クソオヤジ!!」 <2日間だけ死んじゃう薬>をめぐり、大騒動が巻き起こる! …

日本
映画『香港大夜総会 タッチ&マギー』

目次 1 映画情報 2 予告 3 あらすじ 4 感想 5 メモ           &nb …