日本

2008年公開の本作品。
一本、2時間20分から2時間30分の3部作でした。

公開当初、原作があるものを映像することに対して、
少なからずアンチテーゼを巻き起こしながら公開された覚えがあります。
また、個人的には、3部作であることもあり、出揃ってから観ればいいかと、
結局、観ることなく10年経過してしまいました。

 

 

 

 

1 映画情報

本作品の原作の作者は、浦沢直樹さん。「YAWARA!」の作者です。
他には、「Happy!」や「MASTERキートン」などの作品を描かれています。

本映画は、3部作となっていて、おおよそ、コミックをなぞらえた
ストーリー展開になっています。

原題: 本格科学冒険映画 20世紀少年
第1章『終わりの始まり』
第2章『最後の希望』
最終章『ぼくらの旗』
出演: 唐沢寿明
豊川悦司
常盤貴子
生瀬勝久
古田新太
小池栄子
宮迫博之
宇梶剛士
平愛梨
佐々木蔵之介
香川照之
小日向文世
黒木瞳
石橋蓮司
中村嘉葎雄 ほか
公開日: 第1章:2008年8月30日
第2章:2009年1月31日
最終章:2009年8月29日
上映時間: 第1章:142分
第2章:139分
最終章:155分
監督: 堤幸彦
配給: 東宝
公式サイト: ______
主題歌: T・レックス「20th Century Boy」
原作: 浦沢直樹
『20世紀少年』
『21世紀少年』(最終章)

2 予告

 

 

3 あらすじ

 

時は、1997年。ケンヂが生活する町で、お茶の水工科大学の大学院生が殺害される。
彼が所属していた敷島ゼミの教授は、一家で失踪していた。

酒代をもらっていないことをボヤきつつ、敷島家にビール瓶を引き上げに行ったケンヂは、
以前、見覚えのあるマークを見つける。

翌日、小学校の同窓会に出たケンヂは、町で噂になっているカルト教団の噂を聞く。
同級生から「ともだち」と呼ばれる教祖の予言が、ゲンヂが子供の頃に書いた「よげんの書」にそっくりであることを聞かされる。

4 感想

 

最終章は、ともだち暦3年(西暦2017年)のお話。
2018年は、ともだち暦4年・・・。

本作品に対する率直な感想は、やはりコミックとセットで考えるべきではないかと思う。
映画の映像だけで、その世界観を理解するのは難しいと思う。
映像の見た目が、その世界観からか、やはり作り物っぽさを感じたが、
では、これ以外の表現って、あり得たのだろうか?とも思う。

幸いにして、自分は、読んだ後に映画を観たため、
この映画に対して、大きな違和感は感じなかった。

冒頭から出てくる登場人物の多いこと。
名前を知っている俳優さんたちが、これでもかというくらい出てきます。

その割に、その後の展開の中では、限られた人間関係の中でストーリーが展開していきます。
中でも、第2章から登場する木南晴夏さん演じる”小泉響子”ですが、原作のキャラクターのイメージそのものでした。

また、勝手に運動音痴な印象をもっていた平愛梨ですが、彼女の格闘シーンが、思った以上にイケてる。
もしかしたらスタントでしょうか?
バラエティに出ていたころの雰囲気からは想像できないです。
走るシーンは、さすがにスタントではないと思いますが、
いかにも運動のできそうな人の走り方をしていました。
走り方といえば、気になって仕方が無かった「ミッションインポッシブル」のトムクルーズの走り方。
年齢相応なのかもしれませんが、彼より全然カッコイイ。

あと、小池栄子さんが演じる高須は、映画「恋愛寫眞」以来の強烈キャラでしたね。

ストーリーに関しては、広く知れ渡った内容だと思いますので、言うことはありません。
しかも、エンディングにいたる経緯が、コミックより詳しく描かれています。

しかし、この漫画を見る度に、オウム真理教の事件を思い出さずにはいられません。
他のサイトでも見解を述べられている方もいますが、作者本人にしか分からないことですね。

子供の頃の曖昧な記憶をもとに、世界規模の話へ展開していく創造力は凄いの一言です。
上を見ればキリがないかもしれませんが、これがハリウッド並みの予算で映像化されていれば、
もっとリアリティーのある作品になったかもしれません。

せっかくなら、3章すべてを、一気に観てしまうことをお勧めします。

5 メモ

 

アニメ
映画『Coo 遠い海から来たクー』

目次 1 映画情報 2 予告 3 あらすじ 4 感想 5 メモ     1 映画 …

テレビドラマ
沖縄が舞台の映画、ドラマのDVDを蔵出し

夏に向けて、沖縄の話題が多くなりますが、 そういえば、最近は沖縄が舞台となる作品が少なくなったような …

日本
映画『億男』

目次 1 映画情報 2 予告 3 あらすじ 4 感想 5 メモ     1 映画 …