日本

完結編とのことで、広瀬すずさんの凛々しい袴姿も見納め。
青春映画、何番目の金字塔?

 

 

 

1 映画情報

原題: ちはやふる -結び-
出演: 広瀬すず
野村周平
新田真剣佑
上白石萌音
矢本悠馬
森永悠希
優希美青
佐野勇斗
清原果耶
松岡茉優
賀来賢人
清水尋也
坂口涼太郎
松田美由紀
國村隼 ほか
公開日: 2018年3月17日
上映時間: 128分
監督: 小泉徳宏
配給: 東宝
公式サイト: http://chihayafuru-movie.com/#/boards/musubi
主題歌: Perfume「無限未来」
原作: 末次由紀「ちはやふる」

2 予告

 

 

3 あらすじ

 

瑞沢高校へ入学しかるた部を作り、創部一年目にして、
全国大会へ出場した千早は、個人戦でクィーンであった若宮詩暢に敗れた。

それから2年。かるたから離れていた新は、自分の高校でもかるた部を作って、
全国大会を目指そうとする。
また、一方で、千早と太一も全国大会を目指していたが、
予選を目の間にして、太一がかるたを辞めてしまう。

4 感想

 

上の句、下の句では、千早を中心に瑞沢かるた部がまとまっていく姿に、
フォーカスが当てられていました。

目指すところは、全国大会での優勝なんでしょうけど、
2年生は何してた??との疑問が残りました。
冒頭から、周防久志の圧倒的な強さと我妻伊織とのライバル関係を印象付けられますが、
これが、千早たちが高校1年生の時の全国大会での話なのかが、
2年生の時の話なのか把握できず、??が残ったまま、話の流れを見守ることになりました。

この部分は、パンフレットで説明されており、千早が高校2年生の1月の大会で負けて、
札ガールをしていることが書かれているため、理解できました。
もしかして、字幕にでも出てたのかな?

今回のストーリーは、上の句、下の句と比べて、千早演じる広瀬すずさんを前面に出すというよりは、
賀来賢人さん演じる競技かるた界で最強の名人である周防久志のストーリーとも言えなくはない。
年齢が少し離れた設定ですが、言葉少なに良いことを言い、それが高校生キャストたちをまとめ上げる
ことになり、この映画を成り立たせている。

語られる言葉は、もしかしたら現実世界では理想ではあるけど、通用しない言葉かもしれない。
でも、映画を観ている間だけでも、そう思わせてくれる俳優たちとこの映画の世界観は、
2時間使って観るだけの価値があると思う。

ストーリー展開にしても、挫折、葛藤、克服、団結、ハッピーエンドにたどり着く
王道でした。安心して観ていられますよ。

さて、どのメディアでも完結編とうたわれている以上、今回で完結編なんでしょう。
最後がどうなるのか期待させられるところですが、しっかり、チアダン思い出しました・・・。

あと、エンディングロールに、天野ひろゆきさんのクレジットがありましたが、
どこにでていたのか、分からなかったです。
ブルーレイ出てから、再確認しないと。

追記:天野さんは、他の学校の先生でしたね。
「お前らと青春できてうれしかったよ。」とセリフがありました。
※映画「ちはやふる-結び-」公開記念スペシャル-涙の卒業SP- で、
本人自らバラしています。

 

5 メモ

 

賀来賢人さんは、「Nのために」まともな役をやっていたのに、
「スーパーサラリーマン左江内氏」や「わにとかげぎす」、
映画の「斉木楠雄のΨ難」でイメージ崩壊しました。
テレビドラマ「海月姫」では、ちょっと普通に戻りましたが、
カイ・フィッシュって。。。

 

「ちはやふる -結び-」のパンフレットは、えらく小さかったですね。
馬鹿みたいに大きいと保管が大変なので、小さい分にはいいのですが、
文字まで小さい・・・。
雑誌の付録冊子かと思いました。

  

テレビドラマ
沖縄が舞台の映画、ドラマのDVDを蔵出し

夏に向けて、沖縄の話題が多くなりますが、 そういえば、最近は沖縄が舞台となる作品が少なくなったような …

日本
映画『億男』

目次 1 映画情報 2 予告 3 あらすじ 4 感想 5 メモ     1 映画 …

日本
映画『くじらのまち』

目次 1 映画情報 2 予告 3 あらすじ 4 感想 5 メモ   1 映画情報 2 予告 …