映画『殿、利息でござる!』

日本

満足度(80%)

庶民 VS お上!

“知恵”と“勇気”と“我慢”の銭戦(ゼニバトル)が今、はじまるー。

 

 

 

 

 

1 映画情報
原題: 殿、利息でござる!
出演: 阿部サダヲ
瑛太
妻夫木聡
竹内結子
羽生結弦
松田龍平
草笛光子
山崎努 ほか
公開日: 2016年5月14日
上映時間: 129分
監督: 中村義洋
配給: 松竹
公式サイト: http://tono-gozaru.jp/
主題歌:
原作:
2 予告

 

 

3 あらすじ

財政難の仙台藩では、百姓や町人に重い税が課され、夜逃げが相次いでいた。
町の将来を心配する穀田屋十三郎(こくだや じゅうざぶろう)は、
町の知恵者の菅原屋篤平治(すがわらや とくへいじ)が口走った藩にお金を貸して、利息を取るという
奇想天外な話を真に受けて、実現しようと奔走する。

 

4 感想

映画「超高速!参勤交代」と似た雰囲気を感じて映画館には観に行かなった映画です。

この度、とうとう観ました。

そしたら、

 

全然想像していたのと違う・・・

 

コメディかと思っていたら、すごい人情話でした。

映画を観た後、Webの公式サイトを見ると、そこから受ける印象は全く違いますね。
映画の実際の中身と、コマーシャル部分にギャップがあり過ぎです。

Webとしては内容が良くできています。
明るくて、楽しそうな映画。観に行ったら笑わせてもらえるんだろうな。なんて。

 

でも、実際は、メッチャいい話でした。

 

いつも思うのが、予告やコマーシャルで植え付けられたイメージと、
本編のギャップ。
一度、植え付けられたイメージから外れた内容だと、
期待が裏切られたという感じになるのは非常に残念です。

「痛快歴史エンターテインメント超大作」なんてキャッチーな感じですけど、ちょっと違う気がする。

 

 

 

貧困にあえぐ宿場町。
映画の印象は暗いです。

ポスターの印象からして違いますね。

なんの情報もなしに観始めたので、誰が主人公かもよく分かりません。
初めに出てきたおじいさん?
直訴しようとした穀田屋十三郎?
それを止めようとした菅原屋篤平治?

誰を視点に観ればいいのかと、混乱します。
落ち着いて、土台となる背景を理解しましょう。

 

中盤のお金集めは、意外とトントン拍子に話がまとまる印象ですが、
見栄っ張りな町人たちのやり取りを楽しみます。

そして、終盤で、いろいろなことが分かってきます。

 

総合的に、笑いの部分は薄く、派手な演出もなく、落ち着いた感じの映画でした。
ただ、実話がベースになっているとのことで、
最後の演出は良かったです。

 

実際にある土地ということで、現地を訪れるのも楽しそうですね。

 

5コメント

 

 

日本
映画『ラフ ROUGH』

目次 1 映画情報 2 予告 3 あらすじ 4 感想 5 メモ           &nb …

日本
映画『新解釈・三國志』

豪華なキャスト、壮大な世界観、そして、迫りくる笑い。 目次 1 映画情報 2 予告 3 あらすじ 4 …

マイスターテスト(クイズ)
映画『一度死んでみた』

「生き返れ!クソオヤジ!!」 <2日間だけ死んじゃう薬>をめぐり、大騒動が巻き起こる! …