映画『君の膵臓をたべたい』ラスト、きっと このタイトルに涙する。

映画
1

 

 

 

 

 

1 映画情報

原題: 君の膵臓をたべたい
出演:

浜辺美波
北村匠海
大友花恋
矢本悠馬
桜田通
森下大地
上地雄輔
北川景子
小栗旬 ほか

公開日: 2017年7月28日
上映時間: 115分
監督: 月川翔
配給: 東宝
公式サイト: http://kimisui.jp/#/boards/kimisui
主題歌: Mr.Children「himawari」 (http://kimisui.jp/song.html
原作: 君の膵臓をたべたい (双葉文庫)  Kindle版

 

 

2 予告

 

Mr.Children himawari バージョン

 

2017/08/11追記

当初、ネット配信が無いという情報がネットで見られた主題歌「himawari」ですが、
auうたパスで購入できました。

Google Playでも取り扱いされています。(Google Play)

 

 

 

3 あらすじ

高校教師の志賀春樹(小栗旬)は、古くなった図書館の建て替えのため、本の整理を任される。
本の整理をしながら、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ケ月を思い出す。
彼女は、高校時代に亡くなっていた。

 

ある日、入院していた病院で、春樹は床に落ちていた日記を拾い中身を見てしまう。
その日記には、「共病文庫」 と書かれていた。

日記をみていた春樹に声をかける同級生の山内桜良(浜辺美波)。
彼女は、肝臓病を患っていた。
ふとした偶然から、春樹は、桜良の秘密を共有することになる。

桜良はいつもクラスメイトの中心にいて、病のことを感じさせることなくいつも笑っていた。
一方、春樹は他人と関わることなく、ひとり本を読んでるような学生で、友達と言える仲間は居なかった。

そんな春樹に、桜良は積極的に関り続けるようになる。

 

 

 

4 感想

ふたりの不器用なやり取り、観ているこちらが恥ずかしくなるセリフ、
美しく輝く一時の青春期を淡く切なく表現しています。
青春って恥ずかしものです。

自分を客観的に見つめ、変わりたいのに変われない主人公の心情が伝わってきます。

 

 

公開前の予告で「ラスト、きっと このタイトルに涙する。」って流れていました。

タイトル自体の意味を知って、涙するということなのかと思っていましたが、
相手を思って隠したメッセージ。そのメッセージを時間がかかりながらも、見つけた主人公。
相手の思いを受け取って、人生を進めようとする姿に心が震えるってことだと思いました。

日常でもひとの想いは伝わらないもの。
客観的に伝えてくれる映画だからこそ、観ている人たちにその気付きを感動として与えてくれるのだと思います。

 

 

お昼過ぎに、映画館を出て食事をしていたら、
なんでか、涙でてきましたね。

目の前に座ってたおばちゃんに不思議そうに見られてしまった。
上映中、そして劇場を後にしても、ジワジワ来る作品でした。

 

 

    

 

 

 

日本
映画『ラフ ROUGH』

目次 1 映画情報 2 予告 3 あらすじ 4 感想 5 メモ           &nb …

日本
映画『新解釈・三國志』

豪華なキャスト、壮大な世界観、そして、迫りくる笑い。 目次 1 映画情報 2 予告 3 あらすじ 4 …

マイスターテスト(クイズ)
映画『一度死んでみた』

「生き返れ!クソオヤジ!!」 <2日間だけ死んじゃう薬>をめぐり、大騒動が巻き起こる! …