映画『フラッシュダンス』一歩踏み出すあなたに

映画

映画『フラッシュダンス』

1983年公開のアメリカ映画。
プロのダンサーを目指すアレックスの友情、恋愛と、夢に一歩踏み出すことができない葛藤を描く。
主題歌は、アイリーン・キャラ(Irene Cara)のホワット・ア・フィーリング(What a Feeling)

1 映画情報

原題:   Flashdance                                
出演:   ジェニファー・ビールス、マイケル・ヌーリー、リリア・スカラ ほか     
公開日:  1983年4月15日(アメリカ)、1983年7月30日(日本)             
上映時間: 95分                                   
監督:   エイドリアン・ライン                           
配給:   パラマウント映画、CIC                           

2 あらすじ

昼は製鉄所、夜はクラブのダンサーとして働くアレックスは、日々プロのダンサーになることを夢みて暮らしていた。
ある日、ダンス養成所のオーディションを受けようとするが、書類には経験、経歴を記載する箇所があり、また、周りは経験者ばかりで自信を失ってしまう。

3 感想

この映画といえば、アイリーン・キャラが歌う主題歌「フラッシュダンス…ホワット・ア・フィーリング」です。
日本では、「のろまな亀です」の「スチュワーデス物語」の主題歌にもなりました。

映画の見せ場は、やはりラストのダンスシーンです。
試験を受ける登場人物たちは、バレエの恰好をしてしまいますし、
彼女が踊りだしたダンスは、ブレイクダンス。。。冷静に考えると、えらいことですね。

観直してみるとみると、ダンスと曲は合ってないです。
そうは言いつつ、テンポのよい曲で、審査している人たちも途中から、彼女のダンスに魅了されてしまいます。今でも、ラストのダンスシーンを観ると、ジーんとしてしまいます。

まさに、良き時代のアメリカ映画の象徴です。

一歩踏み出すことができない方 、一歩踏み出そうとしている方には、
もう一度、観ていただきたい一本です。

4 雑記

フルモンティという映画で、ストリップダンサーを目指す男たちが、
この映画を観て、「あんなのできねぇよ」といいます。

笑いのネタになってますけど、確かにできないです。

この頃の映画の上映時間は、90分程度が多かったみたいです。
最近の映画は、少し長すぎるな、個人的に。

 

劇場に観に行った記憶が無かったのですが、
パンフレットが棚に眠っていました。
観に行ったんでしょうね。

今は懐かしのレーザーディスクも。

 

 

DVDもありました。

 

満足度(85%)

 

 

日本
映画『ラフ ROUGH』

目次 1 映画情報 2 予告 3 あらすじ 4 感想 5 メモ           &nb …

日本
映画『新解釈・三國志』

豪華なキャスト、壮大な世界観、そして、迫りくる笑い。 目次 1 映画情報 2 予告 3 あらすじ 4 …

マイスターテスト(クイズ)
映画『一度死んでみた』

「生き返れ!クソオヤジ!!」 <2日間だけ死んじゃう薬>をめぐり、大騒動が巻き起こる! …