テレビドラマ『劇的紀行 深夜特急』

テレビドラマ

深夜特急とは・・・
かつてトルコで収監された外国人が
“脱走”することを「ミッドナイトエクスプレス(深夜特急)に乗る」と言った。

1 ドラマ情報

タイトル: 劇的紀行 深夜特急
出演: 大沢たかお
松嶋菜々子 ほか
放送期間: 1996年12月8日 第1便 熱風アジア編
1997年7月3日 第2便 西へ!ユーラシア編
1998年1月6日 第3便 飛光よ!ヨーロッパ編
放送時間: ---
製作: 名古屋テレビ
公式サイト: ---
主題歌: 井上陽水の「積み荷のない船」
原作: 沢木耕太郎「深夜特急」

 

 

2 予告

 

掲載ありません。

 

 

3 あらすじ

 

場所は、インドのカルカッタ。喧噪の町を眺めながら、沢木は3か月前を思い出す。

友人たちと飲んでいるときに、乗り合いバスでデリーからロンドンを目指し、
ゴールできるかの賭けをする。

早速、飛行機を手配し、香港へ向かった沢木。
新東京国際空港(現 成田国際空港)をたち、初めて立ち寄った香港に滞在をすることにする。

ホテルでは、そこにたむろする香港人たちとの
賭け事にはまり、3000香港ドル(当時の5万円)をすってしまう。

 

 

4 感想

 

沢木耕太郎さんの小説では、勤め始めた仕事を辞めて、
旅に出たと記憶しているが、
本ドラマでは、既に本の印税を使って旅にでることになる。(違ったかな?。。。)

ドラマは、恋人にあてた手紙を読み返すていで、ストーリーが進んでいきます。

初めて一人旅をする旅人の心情がよく描写されていると思います。

携帯電話もない時代、まだ開発もされていない街を背景に、
雑踏と遠慮ない人々との交流が、まさにアジアの旅でした。
ドラマでも、現地の人々とのやりは、ギスギス感が感じられる。

最近では、インターネットの普及で、情報が何もないという不安は
無くなってしまった感じがして、少々、残念にも思う。

ドラマの中で描かれる旅は、もう経験することができないのかもしれません。
従って、その年代と一致する人々にとっては、懐かしさを感じると思う。
しかし、若い世代にとっては、古さを感じるだけのドラマかもしれない。

このドラマを観返したことで、旅行って、必ずしも楽しいばかりじゃないことを、
思い出しました。
相手とのやりとりで、腹を立ててる自分自身に対して、
自分が嫌になったりする・・・。

 

 

5 メモ

 


このドラマは、やはり小説で楽しむべきかもしれません。

小説「深夜特急」(新潮文庫)
1 香港・マカオ編
2 マレー半島・シンガポール編
3 インド・ネパール編
4 シルクロード編
5 トルコ・ギリシャ・地中海編
6 南ヨーロッパ・ロンドン編

     

 

そして、この小説をもとに、それをテレビで実行したのが猿岩石ですね。
猿岩石は、今や伝説となった「進め!電波少年」で一躍有名になりました。
猿岩石の有吉弘行さんは、今では司会業で、その当時の話は一切しませんね。

ダース・ベイダーのテーマ曲で登場するT部長が懐かしい。

 

 

テレビドラマ
沖縄が舞台の映画、ドラマのDVDを蔵出し

夏に向けて、沖縄の話題が多くなりますが、 そういえば、最近は沖縄が舞台となる作品が少なくなったような …

テレビドラマ
年に2度、観たくなるドラマ

年に2度、観たくなるドラマといえば、 「海の日」と「8月31日」に気持ちが盛り上がる「ビーチボーイズ …

テレビドラマ
テレビドラマ『セクシーボイスアンドロボ』

※マイスターテストは、本ページ末尾に追加しました。   目次 1 ドラマ情報 2 予告 3 …