日本

豪華なキャスト、壮大な世界観、そして、迫りくる笑い。

 

 
 

 
 

 

1 映画情報

原題: ______
出演:

西田敏行
大泉洋
賀来賢人
橋本環奈
山本美月
広瀬すず
岡田健史
橋本さとし
高橋努
岩田剛典
渡辺直美
磯村勇斗
矢本悠馬
阿部進之介
半海一晃
ムロツヨシ
山田孝之
城田優
佐藤二朗
小栗旬 ほか

公開日: 2020年12月11日
上映時間: 113分
監督: 福田雄一
配給: 東宝
公式サイト: https://shinkaishaku-sangokushi.com/
主題歌: 福山雅治「革命」
原作: ______
 

 

 

2 予告

 
 

 
 

3 あらすじ

 

時は1800年前の中国。
後に英雄となる劉備がどのようにして脚光を浴び、
圧倒的に兵力で勝る魏との戦いに挑んでいったのかを新解釈で描く。
歴史をひっくり返すコメディー大作。

 
 

 

4 感想

 
人に知らせるためにドラマティックに脚色された文献より、
意外とこの作品のストーリーの方がリアリティのあるのかと思わせる作品でした。

はっきり言いきってしまうと、三國志になぞらえた、近所の面白い大人たちの雑談みたいな印象でした。
三國志に詳しくなくても、語り部となる西田敏行さん演じる蘇我宗光が、簡単な説明をしてくれるので、
なんとなく話は分かります。

しかし、リアリティを期待してこの作品を見に行く人がいるのか疑問ではありますが。
本気で三國志の新解釈を期待していると、完全に裏切られることになります。

登場するキャストたちのやり取りは、予告などから想像できると思いますが、
笑えるのか?という視点で見ると、笑えるのですが、ぴったんこカンカンに出演する大泉洋さんの印象そのままでした。
個人的には、予告を見て受けた期待感が勝ってしまい、盛り上がりにかける印象でした。

劇場からもどって、再度、予告を見ても、ちょっと違う印象を感じましたが、
今時のプロモーションと本編のギャップが感じられる作品ではあります。

もちろん、人によっては、十分、期待通りだという感想を持たれるかたもいると思いますよ。

 

コメディの要素としては、銀魂を若干、下回り、トーク番組よりは整理されていて、
笑いを取りに来ている感じがします。
屋外のシーンだから?なのか、声のバランスなのか?演出の弱さなのか?
”個人的には”ちょっと物足りなさを感じました。

いずれにしても、福田監督は”中国の人に怒られろ”と、思いました。(笑)

 
 

5 メモ

 

 
 

日本
映画『ラフ ROUGH』

目次 1 映画情報 2 予告 3 あらすじ 4 感想 5 メモ           &nb …

マイスターテスト(クイズ)
映画『一度死んでみた』

「生き返れ!クソオヤジ!!」 <2日間だけ死んじゃう薬>をめぐり、大騒動が巻き起こる! …

日本
映画『香港大夜総会 タッチ&マギー』

目次 1 映画情報 2 予告 3 あらすじ 4 感想 5 メモ           &nb …