映画『砂の器』(1974年)

日本

 

 

1 映画情報

原題: 砂の器
出演: 加藤剛
島田陽子
緒形拳
森田健作
山口果林
加藤嘉
笠智衆
丹波哲郎 ほか
公開日: 1974年10月19日
上映時間: 143分
監督: 野村芳太郎
配給: 松竹
公式サイト: ______
主題歌: ______
原作: 松本清張『砂の器』

2 予告

掲載なし

3 あらすじ

 

聴き込みをおこなう二人の刑事。
それは東京・蒲田で発生した、所持品をもたない身元不明の殺人事件だった。

手がかりは、事件直前に目撃された被害者とある男が話した「かめだ」という言葉だけ。

糸口をつかめぬまま、事件解決のため奔走する刑事は、被害者が立ち寄った映画館で思わぬ手がかりを得る。

4 感想

 

非常に有名な作品のため、ストーリーは既に知れ渡った感があります。
時代背景に沿った、暗く悲劇的なストーリーが印象的で、
現在の映画のように劇的な演出は無いのですが、記憶に残る作品です。

映像の古さ、登場人物の顔ぶれが、その年代にマッチしない人たちにとっては、
時間を割いて観ることを躊躇させるかもしれません。

そういう意味では、記憶に新しい所で、中居正広さんが主演した連続ドラマでリメイクされた作品の方が、
違和感を感じず、また、観易いかもしれません。
ちなみに、中居正広さんが出演した作品のもとになった設定は、大量殺人です。

どちらの作品も、弱者に降りかかる試練が、悲劇を生んだ設定となっています。

映画版では、泥臭く、こだわりを持った刑事たちが、執念で容疑者を追い詰めます。

今時のサスペンスとは違い、容疑者と刑事が劇中で絡みを持つシーンは少なく、
容疑者が追い詰められる部分に焦りを持ったシーンは観られず、
その一瞬にすべてをかけている、ある意味、生き方として「潔い」人の生き方が描かれています。

犯行に至るまでの経緯が、後半部からエンディングに向けて、
ピアノの演奏を背景に描写され、上映時間の多くがそこに割かれています。
この様な演出は、これぞまさに映画という感覚を与えてくれます。

娯楽映画という雰囲気とは違い、時代背景に沿った悲劇を、
限られた時間に凝縮されており、派手な演出に慣れた視聴者にとっては、
目新しい演出であると感じられるのではないでしょうか。

 

5 メモ

 

 

日本
映画『点』

目次 1 映画情報 2 予告 3 あらすじ 4 感想 5 メモ     1 映画 …

日本
映画『カメラを止めるな!』

目次 1 映画情報 2 予告 3 あらすじ 4 感想 5 メモ     1 映画 …

日本
映画『去年の冬、きみと別れ』

目次 1 映画情報 2 予告 3 あらすじ 4 感想 5 メモ     1 映画 …