映画『チアダン』❝できっこない❞挑戦が始まる

日本
1

映画『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』

県立福井商業高校のチアリーダー部が全米チアダンス選手権で優勝した実話を映画化。
広瀬すずを主演に描く青春感動ストーリー。

予告 東宝MOVIEチャンネル

 

 

1 映画情報

原題:    チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~
出演:    広瀬すず、中条あやみ、山崎紘菜、富田望生、福原遥、真剣佑、柳ゆり菜 ほか
公開日:  2017年3月11日
上映時間: 121分
監督:   河合勇人
配給:   東宝

 

 

2 あらすじ

 

福井県立福井中央高校に入学した、友永ひかりは中学からの同級生の孝介を応援するために、チアリーダー部へ入部する。
厳しい練習で辞めようとするが、部長の彩乃に、「1回通して踊ってから辞めたら」と引き留められる。
ついに、通しで踊りきったひかりは、チアダンスの楽しさを知ってしまう。

 

 

3 感想

 

非常に、予告編のできがよく、公開前から期待が大きかったです。
実際に上映を観て、笑いを誘うシーンや、見せ場であるダンスシーンでは、
引き込まれる感覚を感じました。

予告で鬼教師として設定されている天海祐希さんは、
強調されていたほどの鬼感はなかったように感じます。

予告では人を呼ぶことが目的になるので、若干、映画の世界観とはズレがあるのかもしれません。

中盤以降では、生徒に対して厳しさを見せますが、
それも生徒を思ってのことで、そんな気持ちに感情移入する感覚を覚えました。

 

内容としては、すでに、予告で優勝してしまうことがアナウンスされている通り、
そこに至るまでのストーリーが描かれることになります。

多感な高校生が抱える心情的な部分がジワリと伝わってくる感じがあります。

チームの分裂を経て、課題の達成、優勝に伝わるストーリーは、
映画の王道ですね。


嫌いじゃないです。

 

さて、人が心揺さぶられるのは、何故でしょう?

2017/4/22放送の「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」で、
広瀬すずさんが語っています。
この日の番号みでは、福井商業高校のJETSが特集されていました。

「今ままで、何かがんばっている方だったり、頑張ったことのある人は、
また、背中を押してもらえる、共感してもらえる映画」

どんな人でも、頑張った経験は少なからずあります。
がんばった結果、自分の限界を感じることも皆が通過する道なのかもしれません。

顧問の五十嵐裕子先生は、夢ノートの狙いは、「夢に限界を持たせないため」と語っていました。

頑張った経験で共感し、自分たちが超えられなかった限界を超えて、
万人が見ることのできない世界を、引き寄せた彼女たちに対して、さらに感動を覚えるのかもしれません。

この映画を観た若い人たちが、「いい映画だったね。」だけではなく、
自身が限界を超えていく糧になればいいなと思いました。

 

そして、団結するメンバーとは対照的に、一人、ヒール役になってしまった柳ゆり菜さん。
観てる人は、村上麗華を見返す感じになればいいと感じていたと思います。
そう思わせるしっかりした演技が印象的でした。

 

 

4 雑記

 

人には、旬というのがあると思います。
今回、出演されている俳優さんも、タイミングが変われば、全く異なった感じの映画になったでしょう。

福井商業高校チアリーダー部の優勝と、この世代の俳優が揃わなければ、
こういった感じの映画にならなかったのではないでしょうか。


今のこのタイミングにしか生まれなかった映画だと思います。


そして、リピートしました。

始めて観に行ったときには、若い子たちが、一生懸命映画というとらえ方でしたが、
今回は、天海祐希さんの心情がビシバシ入ってきました。

一回目では、主人公たちの演技がクローズアップされて伝わってきましたが、
二回目は、それに加えて、周りの人たちの気持ち感じ取れるようになり、
思い出になる一本になりました。

満足度(90%)

エンディングテーマで流れる大原櫻子さんの「ひらり」。
初回限定A、B両方を買いました。

DVDの特典映像(ミュージックビデオ)は、Aは「ひらり」、Bは「青い季節」です。
勝手に自分が勘違いしたのですが、チアダンのイメージ映像は入っていないので、ご注意を。

せっかくなので、サントラも紹介です。

収録されている音楽は、映画で流れる部分だけでした。フルには収録されていません。
映画で使われた部分がそのままメドレーで聞くことはできます。
あと、エンディングテーマの大原櫻子さんの「ひらり」は収録されていません。

 

特に、Carly Rae Jepsen & Owl Cityの「Good Time」も劇中のカット部分で流れた部分だけです。
フルで聞きたければ、その曲を買った方がいいと思います。

 

 

何故か、Blue-Rayを2セット買ってましたね・・・。

 

 
 

 

日本
映画『記憶屋 あなたを忘れない』

愛する人のために、あなたは何ができますか? 愛する人にとって、記憶を取り戻すことが幸せなのか、 忘れ …

日本
映画『ラストレター』

北海道の小樽を舞台とした「Love Letter」から25年。 舞台は、宮城県へ。 他人のふりをして …

アニメ
映画『Coo 遠い海から来たクー』

大人になったあなたにも夢を感じさせる海洋ファンタジー。 いつまでもずっと、そばにいて欲しい。 目次 …