ドラマ『脳にスマホが埋められた!』(まとめ)

ドラマ

 

他人のスマートフォンの画面が、目の前に映像化して見られるようになった主人公が、
その力を使用して、人が抱える悩みを解決する手伝いをしていく。と思いきや、最後は完全にコメディー。

 

 

 

 

 

 

 

 

1 登場人物

 

折茂圭太(おりもけいた):伊藤淳史
アパレル会社エグザルトンの総務で働く。光を見た後から、他人のスマホが見えるようになる。

 

石野柳子(いしのりゅうこ):新川優愛
エグザルトンで働くパタンナー。社長に恨みを持っていて、仕返しするために折茂に協力を依頼する。

 

安田部々香(やすだぶぶか):安藤なつ
石野柳子の同僚。

 

黒部仁(くろべじん):岸谷五朗
アパレル会社エグザルトンの社長。

 

 

公式サイト(相関図): http://www.ytv.co.jp/smahoman/chart/

 

 

2 結局どんなドラマだったのか?

 

アパレル会社の総務部で働く折茂圭太は、リストラ候補であることを告げられたその夜、公園で光見る。

 

折茂圭太は目覚め、会社へ出社すると、いつもとは違う光景が目に入った。
行きかう人が持つスマートフォンの画面が、視界に入ってくるのだった。
折茂圭太は、何が起こっているのか理解できない。

 

そんなとき、同じ会社で働く石野柳子が現れ、折茂自信がスマホ人間であることを伝える。

石野柳子は、アパレル会社エグザルトンで働く、パターンナーだった。
彼女は、社長の黒部に恨みを持っていて、復讐の機会をうかがっていた。
黒部の弱点を探るために、折茂のスマホ人間としての力を使って、情報を集めようとする。

 

折茂は、秘密にしていたケビン(腕に生えた毛)のことを黙っている代わりに、協力させたれることになる。

 

調査をおこなう中で、折茂は目に入ってくる人々のスマートフォンの情報から、
人々が抱える悩みの手助けをせずにいられない。

 

石野柳子は、思い通りに計画が進まないことに苛立ちながらも、折茂の人助けを手伝わずにいられない。

 

ある日、スマホ人間を取り巻く環境に変化が訪れる。

様子がおかしいと噂されていた林家ぺーや、折茂と石野の前に現れたスマホ人間が、消息不明となった。

 

会社内での立場が変化したある日、折茂はとうとう、黒部が会社の金を横領している手がかりをつかむ。
そのことを知った同期の桝本は、クーデターを起こし社長を追い出すことをたくらんでおり、情報を欲しがる。
折茂は、そんな桝本のやりかたに同意できず、情報の提供を拒むが、盗まれてしまう。

 

取締役会の日、その情報を使って、桝本が社長の解任を申請するが、
根回ししておいた取締役に裏切られ、反対に追い出されることに。

裏をかいた黒部は有頂天となり、奇妙な踊りをしているところを安田部々香に目撃される。

そんな黒部の様子から、折茂と石野は、黒部がスマホ人間ではないかと疑い始める。

 

 

 

 

 

3 ドラマのポイント

 

この頃のドラマって、タイトルつけていないドラマ多いですね。

(1)リストラ
リストラ対象者であることを告げられた夜、折茂圭太は光に包まれる。
その後、他人のスマートフォンの画面が映像化して見られるようになってしまう。

同じ部署メンバーのスマートフォンが見えるようになったことから、
メンバーが自分をリストラに追い込もうとしているのを知ってしまう。

 

(2)柳子の復讐

大学時代に立ち上げたブランドを、エグザルトンの黒部に取り上げられたという。
柳子は、ケビン(折茂が大事にしている腕の毛)のことを内緒にすることと引き換えに、
折茂に協力するように依頼する。

 

(3)後輩との再会
ある日、後輩の相馬美羽(相楽樹)と再会する。
彼女は、昔の雰囲気からから変わってしまっていた。
折茂は、相馬が複数の男性と付き合っていることを知ってしまい、
昔の彼女に戻してあげたいと考えるようになる。

 

(4)スマホ人間であることの口止め
折茂は、安田部々香にスマホ人間であることがバレてしまう。
口止め料の代わりに、本吉佳蓮(秋元才加)のサインを要求する。
しかし、本吉は周りを寄せ付けない。

 

(5)パワハラ
販売店舗内で、パワハラの疑いが持ち上がり、
折茂に調査の指示がくだる。

 

(6)秘書の交代
社長の方針で、秘書は3年で交代することになっている。
現在の秘書の藤木はそんな習慣を、自分が変えられると考えていたが、
社長の態度があからさまに冷たくなる。

 

(7)クーデター
折茂の同期で出世頭の桝本が、社長を追い出そうとクーデターを企てる。

 

(8)SPMB、PSJ
最終回で明かされる。

 

 

公式サイト(ストーリー):http://www.ytv.co.jp/smahoman/story/

 

 

 

 

4 感想

 

タイトルを聞いた時点で、大滑りする予感を感じていましたが、
始まってみると、主人公が、その人の良さから他人の問題を解決していくという、
到底タイトルからは想像できない展開を見せました。

このあたりって、制作側にしても挑戦だと思います。
ドラマは初め観ないと、その後、観る確率は下がってしまいますから。

 

ただ、ある程度パターンを刷り込ませてから、そのまま行くかと思いきや、
最終回は、まったく別のドラマになってしまいました。。。
できれば、普通回のストーリーを少なくしても、もう少し深堀しても良かったのでは・・・単に、個人的な期待ですけど。

 

特に気なった点がいくつか。

(1)林家ぺーの失踪
速報で流れるくらいのニュースなのに、その後の扱いが雑。

(2)SPMB(スマホマンブラザーズ)
この部分は、完全にコメディー。これまでのストーリーをどうしてくれる。。。

(3)PSJ
ぽえむ、しゅうこ、じゅん。デザイナーにしては、センスが・・・。

(4)正義の味方
ヒーローにレッドがいない。
ブルーとピンク、ブラック。ヒーローの色じゃねぇ・・・
ちなみに、ピンクは、誕生日しか当てられない・・・完全に落ち狙い?

 

最終回は、完全に笑いを取りに行ってる感が。

こんなことに、毎月3000万もつかっている。。。ホント、平和です。
社長なんだから、働いてください。

 

さて、最後に、私の勘違いかもしれませんが、
第1話で、石野柳子の回想で「返してください」って社長に言っているシーンがあったのに、
最終話で、デザインを盗まれたこと自体が嘘ということを打ち明けてます。
脚本ミスってない?

 

全体としてドラマは、面白かったのです。

ただ、広げた伏線が、最終回で一気にチープになってしまった感が否めない。。。

 

夜中に何も考えずに観る分には、非常に楽しめるドラマでした。

それを、ブログで説明しようとしている方が間違い・・・。

 

 

 

 

ドラマ
ドラマ『有村架純の撮休』

    目次 1 ドラマ情報 2 予告 3 あらすじ 4 感想 5 コメント       …

ドラマ
ドラマ『タリオ 復讐代行の2人』

    目次 1 ドラマ情報 2 予告 3 あらすじ 4 感想 5 コメント       …

ドラマ
ドラマ『今際の国のアリス』

    目次 1 ドラマ情報 2 予告 3 あらすじ 4 感想 5 コメント       …