テレビドラマ『東京ラブストーリー』

テレビドラマ

先ごろ、ネットニュースで発表された29年ぶりにリメイクされる「東京ラブストーリー」。
地上波ではなく、ネット配信の様ですね。
観てみたいと思う気持ちもありつつ、観たくないという気持ちもある複雑な心境の方も
多いのではないでしょうか。
今回は、1991年に放送されたドラマについて、少し書きたいと思います。

 

 

1 ドラマ情報

タイトル: 東京ラブストーリー
出演: 鈴木保奈美
織田裕二
江口洋介
有森也実
千堂あきほ
西岡徳馬 ほか
放送期間: 1991年1月7日 ~ 1991年3月18日
放送時間: 21:00 ~ 21:54
製作: フジテレビ
公式サイト: ---
主題歌: 小田和正「ラブ・ストーリーは突然に」
原作: 柴門ふみ「東京ラブストーリー」

 

2 コメント

 

トレンディードラマの金字塔として、今も語りつがれるドラマの一つである
「東京ラブストーリー」。

都会のおしゃれな街で、仕事、恋愛が繰り広げられ、
当時の若者たちに、東京へのあこがれを抱かせたドラマです。

ドラマの内容を知らなくとも、小田和正さんの「ラブ・ストーリーは突然に」を
知っている人は多いと思います。

ドラマのストーリーは、ベタベタな恋愛ドラマです。

くっついたり離れたり、毎週、視聴者の期待を際どくかすめていく絶妙なストーリー展開でした。

 

 

このドラマが放送された時には、まだ学生でしたが、
その後、DVDが発売された時にはすぐ購入しました。

しかし、そのDVDは観ることもなく、棚の中。
思い返してみると、観たいと思っていても、何故か、実行に移せない自分がいました。

時代の流れというか、今の自分の生活リズムにとって、ちょっと重いんですね。
11話もの間、視聴者を揺さぶり続け、結末も、納得できた人、納得できなかった人、
さまざまな思いを抱かせます。

登場するヒロインは、帰国子女で活発な赤名リカ、そして、主人公の地元の同級生の関口ひとみ。
その間で揺れ動く永尾完治とそれを取り巻く人々。

東京という大きな舞台でありながら、実は、限られた人間関係の中で、
視聴者を焦らす絶妙なテクニック。
当時の若者はそれを求めていたんでしょう。

 

 

その当時一般的だった公衆電話も、スマートフォンに代わり、
「24時間働けますか?」状態だった社会環境も、働き方改革で、
その当時とは全く変わった社会環境の中で、元祖「東京ラブストーリー」ほどの
話題を巻き起こすことができるか、期待するところです。

 

 

 

3 メモ

2020/2/1現在、Amazon Primeで視聴ができます。

このドラマを楽しむポイントとして、
連続で観るよりは、1話ずつ1週間おきにぐらいに視聴されることをお勧めします。

だって、せっかく焦らしているのに、次の展開を想像する時間を持たず、
一気見してしまうなんて、もったいなくないですか。

 

  

  

テレビドラマ
テレビドラマ『ムコ殿』

本記事は、2001年に放送された1作目の「ムコ殿」です。    目次 1 ドラマ情報 2 マイスター …

テレビドラマ
テレビドラマ『リーガル・ハイ』

テレビドラマ史上 最強で最悪の弁護士・古美門研介。 正義は、金で買える。    目次 1 マイスター …

テレビドラマ
テレビドラマ『掟上今日子の備忘録』

新垣結衣さんの魅力が爆発。白髪の美女探偵、掟上今日子。 彼女の記憶は、1日でリセットされる。     …